[PR広告]本当に効果のあった勃起不全薬とは? [PR広告]これを読めば融資はバッチリ! [PR広告]ブラックでも大丈夫!信用情報を見ない銀行はどこ?
ランキング
記事のランキング
1
白鵬オフィシャルブログ Powered by Ameba

祝!愛ちゃん

皆さんこんばんは。本日。国民の娘、愛ちゃんが妻として本日の結婚式をあげられました。東京オリンピックに出場されるかされないかはわかりませんが是非、私としては母としてメダルを取ってもらいたいと思っております。私の父続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

...
2
相撲 - Google News

【速報】国体相撲成年団体、本県が頂点 - 新潟日報

河北新報【速報】国体相撲成年団体、本県が頂点新潟日報岩手県で行われている「希望郷いわて国体」で4日、相撲成年団体の本県チームが頂点に立った。本県の団体優勝は1964年新潟国体の教員男子以来。現行の種別になってからは初めて。 【スポーツ】. 2016/10/04 12:20 ...<岩手国体>相撲少年団体 青森3年ぶり3位河北新報相撲少年団体3年ぶり3位/いわて国体陸奥新報愛知2年ぶりV 体操成年女子毎日新聞@S[アットエス] by 静岡新聞all 86 news articles »

...
3
相撲古美術

アマチュアの強豪力士(女子篇)

アマチュアの女子力士は圧倒的に静岡県が 席巻している。太田麻乃・松浦みな美・山中 未久・野崎舞夏星・福里愛美の五選手が他を 圧倒している。中でも山中選手の優勝率は圧 倒的である。現在は立命館大学の職員である。

...
4
あらやまはじめの「定番!」大相撲ブログ

【稀勢の里・話の肖像画・第2回】やはり、貴乃花への憧れはあったんですなあ・・・厳しい稽古を見て、中2で入門を即決したのは、「勉強しない方向」を考えるためでもあった?

昨日から産経新聞で始まった、稀勢の里の「話の肖像画」、今日は第2回目のインタビュー記事が掲載されましたが、実に興味深いですね。今日は、稀勢の里が子どもの頃~入門するまでのエピソードが語られました。寛(ゆたか)少年は、やんちゃだったものの、悪いことをすると、父親から鉄拳制裁を受けた、と・・・。また、小中学生の頃は必ず午後9時には布団に入らされたことも明かされました。「寝る子は育つ」を地で行ったというわけです。まあ、親次第ですからね、この時期は。子どもの頃からいろいろスポーツを経験した寛少年でしたが、初めてまわしを締めたのは小学2年の頃。あまり乗り気ではなかったものの、地元の相撲大会に出たら、5人抜きで表彰され、4年からは3年連続で全国大会にも出場したと。やはり、この辺が非凡なところです。親の厳しいしつけも功を奏したのでしょう。いざ、自分が子どもを持つと、つい甘やかしてしまうところがありますが、寛少年の場合、厳しい親に育てられて正解でした。子どもの頃から関心はあった相撲の世界。やはり、貴乃花への憧れはあったんですなあ。言ってみれば、「貴乃花時代」を見て、育ったわけですからね。中学に入ると、野球に打ち込み、エースで4番。強豪校からのスカウトも受けたものの、寛少年、「相撲なら努力次第で何とかなるかもしれないと思った」と。さらには、「勉強が苦手。勉強をしない方向を考えると、中学を卒業してすぐに角界に入るのが一番いいかな」と語った現在の稀勢の里。中2の時に稽古見学に行った鳴戸部屋でその厳しい稽古を見て、「ここなら強くなれる」と思って、入門を即決。厳しいしつけを受けた寛少年は、厳しい道に進むことによって、活路を見出したというわけです。その裏には、「勉強しない方向」を考えたということもありますが、それはそれで結構じゃないですか。その時点で、自分の方向性が見えていたのであればね。明日の連載では、入門後の話が聞けることでしょう。明日も当ブログでは記事をまとめてお伝えしたいと思います。*稀勢の里と白鵬の手形色紙が無料で付いてきます! ↓相撲額『力士御手形色紙額』アッシュ材【yban-7】価格:28900円(税込、送料無料) (2017/2/15時点)

...
5
豊ノ島オフィシャルブログ Powered by Ameba

フチェ!

今、フチェの顔を見てます。痩せちゃったな〜。なんか入門してきた時の事を思い出すな。俺の初めての弟弟子が4歳年上のフチェ。年上でやりづらいし頭が良くて日本語ぺらぺらのくせに都合が悪くなると「日本語分からない」まいったよ。笑新弟子の頃毎日のようにケンカのような稽古をしてたのが昨日のことのように感じるな。稽古場での足技はたまらなく嫌でした。そういえば平成15年になる瞬間、新弟子だったから年明けを部屋で過ごしてカウントダウンを一緒にした時の事覚えてるかな?「5.4.3.2.1.」フチェ「あけましておめでとう!時天空優勝おめでとう!」豊ノ島「いやいや豊ノ島優勝おめでとう!」フチェ「優勝決定戦じゃんか」豊ノ島「よっしゃ〜!」平成15年初場所三段目優勝決定戦⚫️豊ノ島ー時天空◯時天空三段目優勝あの時はびっくりしたわ!まさかホントに決定戦すると思ってなかった。そりゃ思い出の一番に選ばれるわ。続きをみる『著作権保護のため、記事の一部のみ表示されております。』

...
6
あらやまはじめの「定番!」大相撲ブログ

【速報・訃報】元小結・時天空の間垣親方が、悪性リンパ腫でお亡くなりになったと・・・37歳、何ということでしょう・・・ご冥福をお祈りいたします

先程、ニッポン放送のニュースを聞いていて、言葉を失いました。元小結・時天空の間垣親方が、悪性リンパ腫でお亡くなりになったと・・・。37歳。引退した、というか、せざるを得なくなったのは昨年8月のことでした。それから半年も経たずに逝ってしまうとは・・・。何ということでしょう。ちょっと、今は言葉が見つかりませんね。明日以降、少し落ち着いてから、改めて、じっくりと記事を書ければと思います。・・・ご冥福をお祈りいたします。*本当に何ということでしょう、安らかに・・・。↓

...
7
あらやまはじめの「定番!」大相撲ブログ

来たる初場所で新十両の「照強(てるつよし)」は、阪神大震災の日に震源地近くで生まれたんですよね・・・その後も各地で震災は多い、「被災地の星」となれるよう、頑張ってほしいと思います

来たる初場所の新十両の力士が昨日、相撲協会から発表されました。照強(てるつよし)、坂元改め大奄美、そして、力真(りきしん)の3人です。最も大きく取り上げられていたのは、照強でしたが、それも、さもありなん、彼は阪神大震災の日(1995年1月17日)に震源地近くで生まれました。以前から名前は聞いていましたが、ついに関取になったんですね。良かった、の一言ですよ。私は阪神大震災のあった日は、実家の仙台にいました。あの頃、私もまだ大学を出たばかりのガキで、正直言って、阪神大震災も、「かわいそうだ」とは思いつつも、「対岸の火事」のように思っていました。その認識が改まったのは、2011年の東日本大震災でした。あの日、私も入院していた父の見舞いで仙台にいましたので。・・・結局のところ、実際に自分が体験しないと、なんぼ震災が起きたとしても、「他人事」なんですよ。心を痛めることはあっても、それが我が身に降りかからなければ、本心から、「何かしなければ」とは思いません。今年は熊本で大地震があり、つい最近も鳥取で、さらには福島でまた大地震がありました。「震災列島」の日本。言い方は悪いですが、「被災地」が次から次に発生しています。そんな被災地の「星」になってほしいと思っているのは、私だけでしょうか?いや、やっぱり、これは運命なんです。照強が阪神大震災の日に生まれたというのは。さして被害のなかった私でさえ、照強には、なにかしらの親近感を感じるんですよ。私でさえそうなのだから、実際に被災地で、あるいは、まだ実家に帰れなかったり、仮設に住んでいる人たちにとっては、もっと親近感を覚えるはずなんです。照強には。必定です、これは。照強自身は、阪神大震災の日に生まれたわけですから、その記憶は当然ないとしても、「運命」であることは、ちょっとでいいから、心の片隅にとどめておいてほしいと思いますね。「被災地の星」となれるよう、私はプレッシャーをかける気はありませんが、それでも、頑張ってほしいと思います。照強本人が知らないところで、応援するようになる被災地の相撲ファンはたくさん出てくるはずなんですから。*「月刊相撲」12月号は、本日発売。照強も載っているはずです。↓

...
8
あらやまはじめの「定番!」大相撲ブログ

【平成28年大相撲九州場所・番付発表】東の3枚目に大躍進した遠藤、どこまで相撲が戻っているのか、最大の注目ですね・・・新入幕の石浦、新十両の小柳(おやなぎ)の相撲にも期待したい

早いもので、一年納めの九州場所の番付が本日発表されました。三役の顔ぶれは、先場所の成績を考えれば、ほぼ順当と言っていいと思います。御嶽海は東の小結ですか。初の三役、頑張ってほしいですね。私が最も注目したのは、東の3枚目に大躍進した遠藤です。先場所、東の14枚目で13勝を挙げた遠藤ですが、番付を11枚も上げてきました。なんぼ、幕内下位とはいえ、13勝はそうそう挙げられる数字ではありません。その相撲がどこまで戻ってきているのか。先場所同様の相撲が取れれば、勝ち越して、場所後に初の三役も見えてくる位置です。なにより、横綱大関陣とどこまで相撲が取れるのか、ここですね、私の今場所最大の注目点は。元々、相撲がうまい力士ではあります。1番でも2番でも上位陣に勝てれば、勝ち越しも見えてくるでしょう。期待したいと思います。幕内下位に目をやれば、石浦が東の15枚目に上がってきました。新入幕です。この石浦は、白鵬がいる宮城野部屋の力士で、以前から私も折に触れて注目してきましたが、ついに幕内でその相撲が見られるというのは嬉しい。小兵力士ですから、勝ち越すのは難しいかもしれませんが、とにかく、暴れまわってほしいですね。やっぱり、小兵力士を見たいですよ、一相撲ファンとしては。願わくば、上位に上がってきてほしいところではありますが、一歩一歩、段階を踏んで、実力を付けてほしいと思います。十両についても一言。西の12枚目の小柳(おやなぎ)は、今年の春場所、三段目つけ出しでデビューしましたが、所要5場所目で新十両のスピード出世です。こういう若い力には、やっぱり目が行くものでして、「どこまで通用するのか」、これは注目したい。先の石浦とは異なり、アンコ型の力士で、突き押し相撲に威力があることは私も聞いています。十両には、小柳に限らず、宇良や佐藤など、若手の有望な力士が多いだけではなく、ベテランの安美錦あたりもいて、幕内同様、いや、それ以上に「華やか」かもしれませんね、今場所は。私にとっては、なかなか見られない十両の土俵ではありますが、なんとか今場所は少しはチェックできるようにしたいと思っています。九州場所の初日は11月13日。あと2週間。その間にも、随時、九州場所に向けての話題を当ブログでは掲載していきたいと思います。こちらも、どうぞ、お楽しみに!*人気者の遠藤、たまには、こういうグッズも紹介しておきましょう。↓

...
9
相撲 - Google News

いじめ:相撲クラブで前歯折る 指導の職員も口裏合わせ - 毎日新聞 - 毎日新聞

いじめ:相撲クラブで前歯折る 指導の職員も口裏合わせ - 毎日新聞毎日新聞新潟県糸魚川市能生の相撲クラブで起きたいじめ問題で、市立能生中の3年生が1年生を殴って前歯を折る大けがをさせた際、加害生徒らによる「練習中の事故」との口裏 ...and more »

...
10
あらやまはじめの「定番!」大相撲ブログ

今週の「アサヒ芸能」、スクープの「時津風部屋 殺人力士が角界復帰していた」は、相撲ファンなら目を通しておいた方がいいでしょう・・・「倫理」の問題ですよ、これは

昨晩、私は買ってきたスポーツ紙に目を通していて、一つの広告に「おやっ?」と思いました。「アサヒ芸能」の広告です。(*今週の「アサヒ芸能」、電子書籍だと若干安くなります。↓)週刊アサヒ芸能 2016年9月29日号2016年9月29日号【電子書籍】大見出しが、これですよ。・時津風部屋 「殺人力士」が「角界復帰」していた・・・思い出しただけでも、気分が悪くなる「時津風部屋殺人事件」。あの時、寄ってたかって一人の若手力士を殺して解雇された力士のうちの一人が角界復帰?これはねえ、ちょっと見過ごせませんよ。一相撲ファンとして。私もこれから買って読みますが、小見出しには「親方の息子のコーチとして部屋に出入りし・・・」とあります。先程、ネットで調べたら、時津風親方の息子は、まだ中学生のようですが、小学生の時に全国わんぱく相撲で優勝したこともあるそうですね。親方の息子ですから、時津風部屋で一緒に暮らしているはず。その息子の「コーチ」として「殺人力士」が呼ばれ、部屋を出入りしているということか。・・・これ、部屋の内部のことですから、相撲協会も把握していなかったでしょう。「アサ芸」のスクープで初めて知ったに違いない。どういう経緯で、時津風親方がその「殺人力士」を息子のコーチにしたのかは「アサ芸」を読まないと分かりませんが、よろしくありませんなあ。はっきり言って。この辺の感覚が、一般社会からかけ離れているんですよねえ、角界は。時津風親方が現役時代に、その「殺人力士」と仲が良かったのかもしれませんが、廃業させられた力士をこういう形で雇えばどうなるのか、分からないかなあ。バレるんですよ、こうやって。大事になる前に、相撲協会が時津風親方に注意喚起して、「殺人力士」を出入りさせないようにするかとは思いますが・・・。いくら「殺人力士」とはいえ、刑を終えて出所して、更生しているのであれば、「雇っちゃダメ」というのも無慈悲な話でしてね。だからこそ、「アサ芸」は小見出しで、「倫理を問う」と書いているわけです。「倫理」の問題です、確かに。時津風親方は「かわいそう」だと思って雇ったんだろうね、たぶん。法律的に雇っちゃいけないわけではないでしょうから。ですが、世間はまだ許しちゃあいない。ましてや、角界の人気を一旦は凋落させた大事件でもあったわけです。記憶にも新しい。ファンあっての大相撲。まだ、再雇用すべき時期ではないでしょう。なにより、殺された力士が報われない。親方なら、それくらいの「倫理」はあってもいいと思うのですが・・・。今日の午後に「アサ芸」を買って、特筆すべき点があれば、明日にでも追記したいと思います。*「アサ芸」、アマゾンでも購入できます。↓

...
1 | 2 | 3 | 4 | 5

このページのトップへ